森へ

(Wed)

Posted in 未分類

IMG_0681.jpg

東京から2人で出発して
福岡の友達と
鹿児島で待ち合わせ

約1年ぶりの再会に
屋台村で乾杯をする

IMG_0675.jpg

神戸から来ていた漫才みたいなご夫婦
業界人のおじさんとそのお姉さん
台湾から一人旅のシャンティ

「だきっしょ」は塩ゆでピーナッツのこと

"よく焼酎飲む、くさいの好き、ロックで飲みたい"との要望で出してくれた
とても美味しい焼酎は「田倉」

IMG_0700.jpg

翌朝
桜島の見える港から出発

IMG_0711.jpg

憧れて憧れた屋久島です

着いたらすぐに
白谷雲水峡から太鼓岩への登山

IMG_0736.jpg

2メートルくらいなら近づいて平気らしい

猿や鹿に沢山あったけど、
屋久島の猿や鹿は亜種だから小さいらしい
この子に会った2日後に聞いた情報

IMG_0752.jpg

綺麗な水

IMG_0766.jpg

苔むす森

IMG_0780.jpg

登りの道はきれいな景色に足を止め過ぎて

IMG_0782.jpg

やっと太鼓岩
高いところが苦手な私はこんなところには座れない

IMG_0793.jpg

「あっち5分行ったところに山犬の家があるよ」
と親切なお兄さん」に教えてもらった
もののけ姫で見た岩

そして
バスの時間のため
大急ぎで下山

IMG_0801.jpg

山道出口には鹿がお見送りに来てくれて

IMG_0802.jpg

宿ではおいしいご飯が待っていた

猫2匹と
おしゃべりなおじさんとおばさんのいる宿

IMG_0805.jpg

翌朝は縄文杉に会いに行く日
真っ暗な中、宿を出て
まずは3時間、トロッコ道を行く

IMG_0823.jpg

そして山道に入ったら
もう必死に2時間

IMG_0825.jpg

翁杉

IMG_0830_2.jpg

ウィルソン株

IMG_0836.jpg

もう脚が上がらない限界で辿り着いた
「縄文杉」

すべて癒される本当に凄い木

会いに行ってよかった

あんなに辛かったのに
膝が笑うしももは痛いし
なのに
すごく元気に下山できる

IMG_0859.jpg

また永遠と続くトロッコ道

IMG_0869.jpg

脚がカクカクで辿り着いた宿「野の花」は
やさしい宿

これは部屋からの景色

女性のつくる、ひと手間かけたやさしいご飯
やさしい手間をかけるのが好きな人みたい
手作りのお酒、手作りのフルーツソース、手作りの栗の渋皮煮

海の音を聴きながら眠る

眠る前にヨルタモリを見ることも忘れない

IMG_0874.jpg

朝、窓からの朝焼け

IMG_0898.jpg

朝食前に近くの海を散歩

IMG_0901.jpg

滝を見て、お土産買って、お昼ご飯を食べて帰途へ

泣いてしまいそうだったので、また次の旅を約束してきた
スポンサーサイト

「新世」10月号(倫理研究所) の”思い出オルゴール”

(Fri)

Posted in 未分類

sinsei01.jpg

sinsei02.jpg

「新世」10月号(倫理研究所) の”思い出オルゴール”で挿絵を描きました。

このコーナーは、思い出の歌を、イラストレーション、楽譜、読者のエピソードとともに紹介するコーナーで、
今回は、1914年(大正3年)に発表された「故郷」でした。

日本人なら誰もが知っているような「故郷」という歌。

だから、みんなが思い描くような景色を描いて。

コメント寄せた方へ贈るような三姉妹の絵を描きました。

長女が、育った土地の美しさにはじめて気付いて立ち止まって、
次女は、つられて、同じ景色を眺めて、
三女は、おねえちゃんたちを横目で見ながら、真似してるだけ。

そんな雰囲気を出せたらいいと思いました。

顔の練習

(Fri)

Posted in MJ課題

kao7.jpg

kao1.jpg

kao6.jpg

kao2.jpg

kao5.jpg

kao3.jpg

kao4.jpg


MJの峰岸先生は顔にとても厳しい。
それだけ大事だということだろう。



風の又三郎

(Fri)

Posted in MJ課題

matasaburou.jpg

MJイラストレーションズの課題、宮沢賢治「風の又三郎」の装画をイメージした絵です。

そして、物語がはじまる頃の挿絵です。


matasaburou02.jpg

今年のはじめ、飯野和好さんに絵本を読んでもらったとき、
「もっと読者を入り込ませるような文章を勉強しなさい」と言ってもらって、
宮沢賢治の文章を例えにして説明してくれたので、
お勉強を兼ねて、この小説をじっくりと読みました。
子供のころ、とても切なく感じた又三郎、また切なく感じました。