FC2ブログ

ココロゴコロ_06

(Tue)

Posted in 未分類

kokorogokoro007.jpg

「写真」

水たまりに雨が落ち、波紋をつくる瞬間を撮りたくて、何度も写真を撮り失敗した。
雨が降るというのは、繰り返しあること。
雨粒は無数、あらゆる場所に落ちる。
それは変わらないはずなのに、
今まで知っていた雨と、一粒の一瞬を待ち続けていた時の雨は、
全く違う美しさのものに思えた。
“一瞬を待つ”というのは、繊細で美しい時間なのだと知った。
ふと思い出す。ある人が一枚の写真を撮った瞬間のこと。
何かを待ち、写し、さっと去って行った。
なぜだか、息が止まるような感動と震えで胸がいっぱいになった。
後になって見た写真は、見たことのない世界のものだった。
私が見た花は、踊ってはいなかったんだ。

スポンサーサイト