FC2ブログ

エミリー・カーメ・ウングワレー

(Sat)

Posted in 未分類

emilykamekngwarreye.jpg

エミリー・カーメ・ウングワレー
1910頃-1996
オーストラリア

アボリジニの集落に生まれた画家さん。
アボリジニの儀式の時に砂や女性の体に描く模様を描いていた人。
70歳から絵を描き始める。

アトリエはアボリジニの暮らす赤い大地。
大地に大きく広げて四方から絵を描いていたから、天地がない。

大きなキャンバスに点と線ばかりで描かれる。
私には光が溢れて見えて、展示室が光に溢れて、光で真っ白になって何も見えなくなった。
純粋なパワーをもらえた。

彼女の絵と、
そして彼女の残したこの言葉が大好き。


すべてのもの、そう、すべてのもの.......
すべてのものこそ私が描くもの。

すべてのもの、そう、すべてのもの、私のドリーミング、ペンシル・ヤム、トゲトカゲ、草の種、ドリームタイムの子犬、エミュー、エミューが好んで食べる草、緑豆、ヤムイモの種、これが私が描くもの、すべてのもの。


展示場でこの言葉に出会ったとき、とても感動した。
両手で数えられることだけですべてなんだって、
本当に大切なことだけを知っている人なんだって、なんて美しい生き方だろうと思った。

スポンサーサイト